その他、タスクシュート入門シリーズ(各10分以内)

1つの動画につき1つのテーマで解説するタスクシュート入門シリーズ動画です。それぞれ10分以内でご覧いただけますので、ドリル的にご活用いただけます。

・01.人との約束を確実に守りつつ目の前の仕事に安心して集中する方法
・02.締め切りギリギリまで着手できない問題の対処法
・03.開始時刻にこだわらない
・04.タスクシュートでのプロジェクトの扱い方
・05.長期計画を遅滞なく進めていくうえでのタスクシュートの役割とは
・06.長期計画を進めるためのレビューの方法
・07.人が苦手なことこそタスクシュートにやってもらう
・08.「いつもの時間にいつものことができない」問題の対処法
・09.マルチタスク中の記録の取り方と活かし方
・10.タスクシュートは総合時間管理ツール
・11.リピートログの分析で見えること
・12.固定的なセクションと流動的なセクション
・13.ログをレビューすることの本当の意味
・14.「取り越しシミュレーション」を今すぐやめる
・15.タスクシュートに加えて「外部ツール」も使ったほうが良い?
・16.Googleカレンダーをプロジェクト管理ツールとして使う
・17.望ましい習慣をサクサク定着させるためのタスクシュートの使い方
・18.「壁」を使うと手強いタスクを攻略しやすくなる
・19.リピートタスクの並び順をチューニングする
・20.タスクシュートは「いま何をしているかを思い出す」ツール
・21.毎回同じ順番で行うタスクセットの扱い方
・22.年に1度、元日に10分でやるだけで、その後1年ラクができる習慣
・23.リマインダーと定点観測
・24.リマインダーとチェックリスト
・25.タスク実行時にどこにいたのか?
・26.記録は記憶を再生するフックになる
・27.「未完了モード」の使いどころ
・28.マルチタスクは最大でも2つ
・29.メモ付きのログだけレビュー
・30.「壁セット」で区切る
・31.やったことをあとで思い出す
・32.ポモドーロテクニックをタスクシュートに組み込む

関連記事